平成12年4月、舞鶴に新しい踊りが、誕生しました。鳴子を鳴らしながら踊るこの勇壮な踊
りは「ちやつたまつり」等で披露され、その輪は着々と市民の中に広がっています。会員数は
賛助会員を含め現在約450人。これだけの人が集うよさこい舞鶴の魅力はどこにあるのでし
ょうか。
 そもそものきっかけは、「舞まいフエスタ」にあります。
 オープニングを飾るステージイベント。大勢で参加でき、かつ「まちづくり」に効果のあるもの
実行委員会が探しているとき、ある講演会で「よさこい」という踊りの話を聞きました。
 参考にするために京都市内のイベントに見学に行き、ステージ一杯に人々が舞う勇壮な踊
りに感動し「是非、舞鶴でもやってみたい」と、その踊りの考案者である、国友須賀先生に相
談しました。「どうせやるならオリジナルにしたら?」先生は舞鶴の民謡を基に曲をアレンジし
振りを付け「よさこい舞鶴」が誕生しました。
 踊りの呼びかけには、約50人の市民が集まり、短い期間の中で練習を積み、その結果お
披露目となつた「舞まいフエスタ」は大成功。
その後、踊りについての問い合わせが多く寄せられたため、「舞鶴よさこい連」が結成されま
した。

  舞まい フエスタ

 第6回目となる「舞まいフエスタ」が、

「今、翔きのとき・・・女性センター元年 かわる舞鶴 女(あなた)も男(あなた)も」

というテーマで、平成13年3月4日(日)に、東体育館と総合文化会館で行われました。
 これは、男女が協働して豊かな地域づくりを目指す事を目標とした、市民参加の手作りのイ
ベントで、市の教育委員会と市内のとても元気な女性団体等が集まってできた「舞まいフエ
スタ実行委員会」で企画・運営されています。
 市民参加の手作りと聞いて、「実行委員会」の会議をちょつとのぞかせていただくと、「なる
ほど!」大変、元気の良い委員の方が、自主的で女性ならではの発想で意見や提案を次々
に出され、気持ちよく会議は進行していました。
 事務局として、市の教育委員会の方も、同席されていますが、ここでの主役はあくまで、市
民そして女性でした。 「なるほど!これが『市民参加の手作り』という事だ」と実感しました。
  広がる 「よさこい」
 「舞まいフエスタ」から産声をあげた、「よさこい舞鶴」ですが、少しずつその輪が広がってい
ます。府内の丹波町でもまちづくりやイベントに生かそうと頑張っておられ、練習やステージ
を通じて交流が深まっています。
 また、活動の場もこの一年で「ちやつた祭」「だるま祭」「たんば夏まつり」「21カウントダウン
フェスティバル」や京都市内でのイベント等、一年間で随分広がりました。
  これから・・・
 「もっと市民に広げたい」というのが参加者の共通の思いです。 「特に若い牲代に伝えて
いくことが目標ですね」。市内の小学校で秋の運動会に披露されたことは、会員の励みにな
つたようです。
 また、舞鶴のみにとどまらず、丹波町との交流のように、他府県や近隣市町村からも観に
来てもらえ、参加してもらえるような活動を目指しています。

「踊りは心で踊るもの」小学生から年配の方まで、とにもかくにも「おいでェナぁ〜。」

当HPはリンクフリーですが、リンクされる場合メールください。 リンクされる場合にご使用ください。

| ホーム | | What's | | 通信 | | 入会 | | 活動 | | ビデオ | | アラカルト |